デザインのあてな

身近なところにデザインのヒント

パクってもいいカタチ?

学生時代、自分でデザインした形状が何度考えてもしっくりこなくて悩んでいた時に、臨時講師で来ていたデザイナーさんから「パクってもいいカタチだってたくさんあるんだよ」と声を掛けてもらいました。そこらへんにある石ころや水たまり、雲や植物のカタチ…

やったことないことをやる?

私はもともとプロダクトデザイナーとして就職しました。それから様々な事情で、グラフィックデザインや空間デザイン、宣伝広告やブランディング、在庫管理から流通まで幅広く携わることになるんですが、それらはどれもやったことのないことでした。 歳を重ね…

手を離れても頭から離さない?

チームで仕事をするとき、2つのタイプの人がいます。自分が対応する部分を終えたら、その仕事が頭から離れる人。自分の対応を終えても、頭の中で流れ続けている人の2タイプです。言うまでもなく、後者のタイプが多いチームは、仕事の完成度が高いと思いま…

決める手立てがない?

ある洋服屋さんで働いている店長がこんな話をしていました。「売れるスタッフは、お客さんを悩ませない。あれもこれも広げて試着することはないし、お客さんの決断までの時間が短い。」そうできる1つの理由は、スタッフが決めているからです。 スタッフが強…

安全な頼み方?

先日、ある印刷を依頼することがありました。内容は、あるアート作品を特殊な用紙に印刷するもの。私は、依頼する会社の印刷精度がどこまで高いのか疑心暗鬼だったので、多少印刷がズレても大丈夫なようにデータを作成しました。すると、その会社の担当者か…

ライバル会社の商品名?

「御社のプチプチを購入したいと思ってまして~」。駅のホームでそんな電話をしている人がいました。プチプチは、あの指で潰すと気持ちのいい梱包用の緩衝材。ただ「プチプチ」はある会社の商品名です。別の会社にライバル会社の商品名を伝えていたとしたら…

アピールしないというアピール?

取材拒否のお店。なんだか気になりますよね。大通りから細い路地に入った奥に見えるラーメン屋さん…気になります。いろんなアピールの方法がありますが、私はアピールしないというアピール方法に惹かれることが多いんですよね。 アピールできることは何でも…

情報受信に目を向ける?

「情報発信!情報発信!」私のまわりには、どうやって情報を発信したら良いか?を学びたいと声を上げる人がたくさんいます。もちろん、それはそれで素晴らしいことなのですが、1つ抜けている視点があります。それは「自分たちが伝えたい相手がどうやって受…

脱・御用聞き?

御用聞き。相手の要望を聞いて、それに応えるスタンスで仕事をしている人です。しかし、そのほとんどは成立していないと思っています。唯一成立するのは、いつでもどんな要望にも応えられる体制が整っている場合だけ。だから、応えきれないときに、どこかに…

目的に副詞を加える?

先日、昔ながらの喫茶店に入ると、水とおしぼりが差し出されました。少し間を置いてメニューを持ってきてくれて…。ごく普通のワンシーンですが、私はすごく気持ちの良い時間を過ごすことができました。メニューがひと呼吸おいてから運ばれてくる。それだけ。…

私が好きなら誰かも好き?

相手が好むモノを考える。それが、自分が好きではないモノの場合、相手にフィットしづらい。一方で、相手が好むか分からなくても、自分が好きなモノを考える場合、それは誰かにフィットすることが多い。あくまで私の経験上の話です。 その仕事を好きではない…

新しいカタチを受け入れる?

今日、駅の近くを歩いていたら、公園でTikTokっぽい動画を撮影している40代ぐらいの男性を見かけました。はじめは正直「え~」と心の中で思いましたが、よく考えたらスゴいなと。単純に私ができないことを同じぐらいの年齢の人がやっているからです。 日々、…

強者の言動は響かない?

私は10年ほど会社員として働いていました。影響を受けた人はたくさんいますが、その中でより強い刺激を受けたのは上司や先輩よりも、年齢の近い人や在籍期間が同じぐらいの人。直接関わりがなくても、その人たちの行動は私にとって刺激的でした。 「私ができ…

予備知識が必要?

何かを発信する際、私はできる限り予備知識がなくても分かるよう心掛けています。このブログがそう出来ている自信はありませんが、初めて訪問してくれた人、デザインに興味のない人でも、読んで分からないことを入れないようにしています。 身の回りで自分が…