デザインのあてな

身近なところにデザインのヒント

減り方で判断する?

最近、体調を崩してしまい、病院で薬をもらいました。私は少し体調がよくなってくると薬を飲み忘れることが多いんですが、その薬は期間中にきちんと飲みきれました。どうしてだろうと気になって思い出してみると、その薬は減り方を見ればいつの分を飲んだか…

穴は埋めやすい?

ある雑誌の記事で、フリーの記述問題よりも穴埋め問題のが正解率が高いという興味深い内容を紹介していました。とりわけ文字数まで決まっているような穴埋めは、解答者が考えやすい傾向があるそう。確かにそう言われると、穴埋めという丁度いい制限が、想像…

知っていると思考がストップ?

アイデアやデザインを考えているとき、思考がストップしてしまう瞬間があります。それは、考えはじめたことが既に世の中に存在するとき。似たアイデアを知っていると、「これではパクリになる…」と、考え進めるのを躊躇してしまうんです。でも、そこで止める…

プロがプロに教えることはない?

私はデザイナーとして仕事をさせてもらっていますが、まだまだ自分の力を未熟に感じていることもあり、あるとき出会った第一線で活躍しているデザイナーさんに「デザインを教えてもらえないか?」と懇願したことがあります。もちろん、そこにには少なからず…

柔軟に対応できる準備?

空間づくりの仕事をはじめたばかりの頃、まず直面したのは、図面と実際は同じではないこと。数センチの誤差は当たり前ですし、時には全く異なっていることもあります。でも、現場で対応する人はもちろん、空間をつくる人たちは、どんな状況でも柔軟に対応で…

単純明快で強いメッセージ?

とあるコンペで、受賞者の学生が審査員の方たちに選考基準について質問をしていました。答えは皆同じで、シンプルであること。もう少し噛み砕いて言うと「単純明快でメッセージの強いもの」でした。他のコンペでも、同じような話をしていたのを覚えています…

つくりながら詰めること?

アイデアを形にする。その形を完成させるまでには、大きく2つの詰めの段階があると思っています。1つは形にする前の詰めで、もう1つは形にしてみた後の詰め。どちらの詰めが甘くても良いモノはできないと思っています。 例えば、サンプルを制作するには、…

閃いたときほど冷静に?

その場が盛り上がっていたりすると、何も疑わずに「良いアイデア♪」として進めてしまうことがあります。パッと自分の中で会心のアイデアが閃いたりしたら危険信号。もうそれは「良いアイデア♪」でしかなくなります。私はもろにそのタイプなので、勢いに任せ…

この人にだけ誤解を招いた表現?

むかしから自分の考えたアイデアやデザインを、家族や友達など身近な人に見てもらっています。そこで「分かりづらい」「意味が分からない」といった意見が出たら、それは一般的には「分かりづらい表現」「意味の伝わらない表現」だということ。そう捉えるよ…

おかしな文字の並び?

「クハE1234」などの電車に記載してある車両番号。子供の頃から、大人になった今もつい見てしまいます。普段見かけることのないおかしな記号の並びなので、気になってしまうんですよね。見慣れた文字列は安心感を与えますが、見慣れていない文字列は「?(=…

自分の発想力をチェック?

「こんなものがあったら良いかも♪」何かアイデアが沸いたとき、私はそれが世の中にないか毎回調べています。もちろんパクリになってしまわないかを確認するためではありますが、そこでは自分の発想力を確認する作業も兼ねています。世の中に同じことを考える…

少ないもので大きな力を?

駅のホームで電車を待っていて、目の前にある金網が気になりました。子供の頃、足をかけて登ったりしていましたが、よく考えたら子供が登ってもちっとも歪まない金網。最小限の材料であんなに機能的で強度のあるものを作っているんだなと、勝手に関心してし…

雨の日に使うけど、濡らしたくない?

車の月極駐車場。同じ場所でも屋根付きと屋根なしで金額は異なるようですが、不動産屋さんで働く友人によると、屋根付きを選ぶ人が圧倒的に多いそうです。車は雨の日にも使うので、雨汚れを気にしなければ濡れてもそこまで関係なさそうですが、やっぱり大切…

良い修正とわるい修正?

グラフィックデザインやWebデザインの仕事には修正が付きもので、最初につくったデザインでそのままOKということはほとんどありません。だから、修正を依頼されたらもちろん素直に対応するんですが、その修正には、大きく良い修正とわるい修正の2種類があり…