デザインのあてな

身近なところにデザインのヒント

絶対できないなら「できない」と伝える?

どんなに忙しかったとしても、どんなに難しい課題を与えられても、私は基本的に「できません」と言わないようにしています。みんなどうにかしてやるので当たり前ではありますが、時には「できません」と言うこともあります。つい先日も「できないので他の方…

手で検討する?

書類を整理するバインダーを作りたい。そんな相談を受け、私は100円均一で買ったバインダーを加工した簡易的な模型を打ち合わせに持参しました。その打ち合わせで、バインダーに持たせたい機能や仕様の話はもちろんしましたが、加えて、手に馴染むサイズ感や…

化学反応を起こす?

アイデアを考える際、連想ゲームのようにキーワードなどを展開して広げていく方法があります。ホワイトボードいっぱいに展開したり、ポストイットでカラフルになったテーブルを見ると、なんだかたくさんアイデアが出たみたいで充実感がありますよね。 もちろ…

コレ足したら♪を我慢する?

考えたアイデアに「この要素も加えてみよう♪」と、後から思い付いたことはありませんか?確かにそれも加えたら、さらに面白いアイデアになりそうな気がしてしまいます。でもあくまで私の経験上ですが、それは加えない方がいいし、実際私は加えないようにして…

無理やり短くしない?

デザインを勉強しようとデザインのコツ的な本を読んでみると、「キャッチコピーは短くした方が伝わりやすい!」などのアドバイスが載っていたりします。その本の通り、短くて強く伝わる秀逸なキャッチコピーもありますが、言葉のとおりに鵜呑みにして何でも…

代わりはいないけど別の人でもいい?

ある程度いろんなことを任されていて、組織の中で自分だけが対応できることがあったりすると、「自分の代わりはいない」と思ってしまいます。私もそう思いますし、実際に全く同じようにできる人はいないでしょう。でも、全く同じようにできる人である必要も…

似ている100案は1案と同じ?

こんなに考えたぞ!と意気込んで何十案も持って行ったのに、はじめの2~3案を見て「あっもういいや…」と帰されてしまう。若い頃はそんなことがしょっちゅうありました。提案の質が低かったことは言うまでもありませんが、一番ダメなのは似たり寄ったりの案…

しゃがんで見える世界?

以前にも書いたような気がしますが、私はデザイン途中のものを、しゃがんで見たり、座って見たり、裏側から見て検討をしています。対象者やシーンによって、見る位置は異なるからです。ウォルトディズニーが子どもの目線で見るために、園内をしゃがんで歩い…

知らなくても楽しめる?

以前行った、あるアーティストのライブ。私はよく知らないままファンの友人に付いて行ったんですが、楽しむことができました。ファンの人はもちろん、よく知らない人も楽しめる工夫がされていたからです。 人気のアーティストだったので、ライブに訪れるのは…

産みの楽しみ?

デザインの仕事をしていると、周りから「毎回いろんなデザインを考えるのは大変でしょ?」と、産みの苦しみを心配されたりします。もちろん、限られた時間の中で常に100点の回答を出すのは難しいことですが、私はデザインを考えるのが苦しいと思ったことは一…

感性か理屈かで悩まない?

「感性でつくったほうがいいか?」「理屈で考えたほうがいいか?」クリエイティブ系の仕事をしている人なら、一度はそんなふうに悩んだこともあるのではないでしょうか。実際、私はずっと後者を選んでやってきたので、何度か悩んだことがあります。 あくまで…

心から相手を称賛できる?

恥ずかしながらつい最近まで、誰かが成果をあげたときに心から称賛することができませんでした。表面的に「素晴らしい!」なんて言っていても、本音は「そんなに良いかな…」と。悔しさや妬みが勝っていたのでしょう。特に競い合うような場面で自分が選ばれな…

すぐに出てくるアイデアは使い回し?

ある程度経験を重ねていくと、ほんの少し考えれば、いくつかアイデアは簡単に出せるようになります。若い頃は「こんなにアイデアが出せるようになった♪」と喜んで、頭の中で考えるだけのやり方に頼っていましたが、それでは通用しないことと、自分の考えに進…

想像の何倍も厳しい?

リリースする楽曲が毎回テレビドラマやアニメの主題歌になる人気アーティスト。500人くらいの会場でライブをやるとなれば、即完売で簡単に埋められると想像します。先日、そんなアーティストのライブに行ったら、確かに満席。ただ、終演後にそのアーティスト…